緑内障の検査

緑内障の検査

緑内障の初期は自覚症状がまったく無く、視野異常もある程度進行するまで自覚できないため、検査で病状を確認する必要があります。

1.眼圧検査

直接、目の表面に測定器をあてて測定する方法と、目の表面に空気をあてて測定する方法があります。緑内障発見のための重要な検査です。

眼圧検査

眼圧検査

2.隅角検査

眼圧が高い原因を調べる検査で、専用のコンタクトレンズを用いて隅角の状態を調べ、隅角が十分に広ければ開放隅角緑内障、狭ければ閉塞隅角緑内障です。

3.眼底検査

視神経乳頭に陥凹(へこみ)を、直接確認する検査です。視神経乳頭の変化は視野の異常よりも先に現れますので、緑内障の早期発見、特に眼圧の変化が現れない正常眼圧緑内障の診断に重要な検査です。

4.視野検査

視野の欠損の存在の有無や大きさから緑内障の進行の段階を把握します。


田村眼科