斜視について

斜視とは

斜視はこどもの2%くらいにみられる病気です。ものを見るときには、右目も左目も見ようとするものの方向に向いています。ところが片方の目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が目標と違う方向を向く場合があり、これを斜視といいます。

斜視の種類

斜視は目の位置によって、内斜視外斜視上斜視下斜視にわけられます。

内斜視 外斜視 上斜視 下斜視
左目が内を向いている 左目が外を向いている 左目が上を向いている 左目が下を向いている

どうして斜視になるの?

斜視の原因と考えられるもの

  • 目の筋肉や神経などの異常
  • 両眼視の異常
  • 遠視
  • 視力不良

など、いかにもものを見えにくそうにしている場合には注意しましょう。
また、片目がよく見える場合には、なかなか気づかないので、片目を隠してカレンダーや時計を見せてみましょう。
少しでも異常に気がついたときには必ず眼科を受診しましょう。

斜視はどうやってなおすの?

遠視性内斜視では強い遠視を調節しようとして内斜視を生じます。
通常、凸レンズのメガネをかけて、遠視を矯正します。時には調節を改善する目薬を用いることもあります。
また、原因が遠視以外の場合には目の筋肉を調節する手術を行うことがあります。手術で目の向きをなおしても、両眼視ができない場合がたまにあり、この場合には両眼視のための訓練を行う必要があります。
また、斜視から弱視になっている場合には、手術の前や後に弱視の視力増強訓練を行う必要があります。


田村眼科