ドライアイ

ドライアイとは?

ドライアイの原因は眼球表面の涙液の量が減ることですが、それには涙液の分泌の低下と、涙液の蒸発が多くなることの二つが影響しています。

ドライアイの症状

  1. 目がかわく感じがする
  2. 目が疲れる
  3. 目がゴロゴロするような異物感がある
  4. かゆみやまぶしさ・充血がある

ドライアイの原因

  1. 空気の乾燥
  2. 瞬きが少ない
  3. 瞬きが不完全
  4. コンタクトレンズの装着

ドライアイの診断

シルマーテスト

「シルマーテスト」は、涙液の分泌量を測定する最も簡便な検査のひとつです。シルマーテストは、1mm幅の目盛りのついた、5×35mmの短冊状濾紙を下眼瞼の耳側3分の1のところ(眼瞼結膜と球結膜の間)にはさんで、5分間の涙液分泌量を測定するものです。5分後に10ミリメートル以上濡れていれば正常、5ミリメートル以下だとドライアイと診断されます。

シルマーテスト

シルマーテスト

ドライアイの治療

点眼薬で目をうるおす

人工涙液を点眼して直接、目の表面を潤すことが、ドライアイの基本的な治療法です。
点眼薬は通常5分ほどで吸収・排出されてしまうので、ドライアイ治療には、なるべくこまめに点眼します。人工涙液以外には、保水効果のあるヒアルロン酸という薬も使われます。

メガネの装着

涙液を維持する方法にはいくつかありますが、最も簡単な方法はメガネをかけることです。目の表面の涙液は絶えず蒸発しているので、目の周囲の湿度を保って蒸発を最小限に食い止めます。「モイスチャーエイド」とよばれるメガネのサイドパネルがあります。

涙点プラグの挿入

まぶたの鼻側の涙点とよばれる涙液の排出口に「涙点プラグ」というシリコン製のプラグで栓をして涙液をためます。

ドライアイの生活上の注意

  1. 冷暖房の完備された乾燥した部屋は避け、
    できれば加湿器をつかいましょう。
  2. パソコン・テレビゲーム等の長時間の使用は避け、目を休ませる習慣をつけましょう。
  3. コンタクトレンズの使用をひかえましょう。
    また視力が低下しメガネがあっていないと
    瞬きの回数が減ることがあります。
    視力のチェックをしましょう。
  4. 瞬きの回数を意識的に増やすとともに、
    しっかり瞬きするようにしましょう。


田村眼科