白内障とは

白内障について

白内障はさまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることでおこります。
最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。

白内障

水晶体は透明で光をよく通す

水晶体が濁ってくると、光がよく通らなくなる

白内障の原因

白内障の種類 原因
加齢性白内障 加齢
全身疾患に合併する白内障 アトピー性皮膚炎、糖尿病
先天性白内障 風疹 など
外傷性白内障 目のけが など
併発白内障 ぶどう膜炎 など
その他 放射線、薬剤(ステロイド剤)

白内障の症状

白内障では目の中の水晶体が濁ることにより、視力が低下します。
主な症状としては、「目がかすむ」といったものですが、次のような症状があれば白内障の疑いがあります。また、白内障だけでは痛みや充血はありません。

  1. かすんで見える
  2. まぶしくなる 明るいところで見えにくい
  3. 一時的に近くが見えやすくなる
    眼鏡が合わなくなる
  4. 二重三重に見える

水晶体の濁り方と症状

水晶体の濁り方はひとりひとり違いますが、水晶体の周辺部(皮質)から濁りが始まることが多く、中心部(核)が透明であれば視力は低下しません。濁りが中心部に広がると「まぶしくなる」「目がかすむ」ようになります。中心部(核)から濁り始めると、「一時的に近くが見えやすくなる」ことがあり、その後「目がかすむ」ようになります。

水晶体の濁り方と症状


田村眼科