網膜裂孔

網膜裂孔のレーザー光凝固術

網膜裂孔は網膜の壁に孔が開いてしまう疾患です。
網膜裂孔を放置した場合、壁の穴から水が入りこみ、網膜が剥がれるといった網膜剥離を発症する恐れがあります。
網膜裂孔は「飛蚊症」や「光視症(目の中で光がピカッと光る)」をともなって見つかるケースもありますが、コンタクトレンズの検診などで偶然見つかることも多々あります。

網膜剥離になる可能性がある以上は、通常網膜裂孔が検出された場合はその周囲にレーザーを照射(光凝固術)し、孔の周囲から水が入らないような治療を行ないます。またごく初期の網膜剥離に対してもレーザー治療が有効な場合もあります。進行した網膜剥離に対しては、網膜復位術または硝子体手術が必要です。


田村眼科