加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

ものを見る中心となる黄斑(おうはん)は網膜のなかでもっとも重要な部分で、視力にもっとも関わりが深く、色を識別する細胞のほとんどはこの部分にあります。

加齢黄斑変性は、黄斑の加齢に伴う変化によっておこる疾患で、高齢者の失明原因のひとつです。脈絡膜から発生する新生血管と呼ばれる異常な血管(脈絡膜新生血管)を伴うタイプ(滲出型加齢黄斑変性) と、新生血管を伴わないタイプ(萎縮型加齢黄斑変性)に大別されます。

眼底の正面図

脈絡膜新生血管

網膜に栄養を送っている脈絡膜からブルッフ膜を通り、網膜色素上皮細胞の下や上にのびる新しい血管のことです。
脈絡膜新生血管は正常な血管ではないので、血液の成分が漏れやすく、破れて出血をおこしてしまいます。

脈絡膜新生血管

新生血管型(wet type)の滲出型加齢黄斑変性

視力にもっとも関わりの深い黄斑が悪くなるため、急激な視力低下や中心暗点を自覚することが多く、病状が進行すると中心視力が失われる可能性があります。また、もう片方の眼も発症している可能性もありますので、両眼の検査を受けましょう。

非新生血管型(dry type)の萎縮型加齢黄斑変性

黄斑の加齢変化が強くあらわれた状態で、病状の進行は緩やかで、視力はあまり悪くなりません。しかし、新生血管が発生することもあるので、定期的に眼底検査、蛍光眼底検査を行い、経過をみる必要があります。特に、片眼がすでに滲出型加齢黄斑変性になっている場合は、注意深く経過をみなければいけません。

加齢黄斑変性の原因

網膜色素上皮細胞の加齢による老化現象が主な原因と考えられています。また、男性は女性の約3倍の発症率といわれています。
近年の急激な高齢者人口の増加に伴って、患者数が増加しています。また、年齢が高くなるにつれて、両眼に発症する割合が高くなっています。

加齢黄斑変性の主な自覚症状

視野の中心の、もっともよく見ようとする部分が見えにくくなります。大きな出血がおこれば、さらに広い範囲で見えにくくなります。

  1. 変視症…ものがゆがんで見える
  2. 中心暗点…見えているものの中心が欠けて見えない
  3. 視力低下…見たいものがはっきり見えない

加齢黄斑変性の検査

視力を保つために早めに検査を受けましょう。

眼底検査

検査の前に目薬をさして瞳孔を開き、眼底にある網膜の状態をくわしく調べます。

蛍光眼底検査

腕の静脈に蛍光色素を注射してから眼底を調べます。蛍光色素によって血管だけが浮き彫りになりますから、血管の弱い部分やつまったところ、新生血管がよくわかります。

加齢黄斑変性の治療・手術

滲出型加齢黄版斑変性に対しては、光感受性物質と弱いレーザーを組み合わせて、脈絡膜新生血管のみを閉塞させる光線化学療法(photodynamic therapy:PDT)があります。
また、大量の出血や中心窩にある新生血管に対しては、これらを除去する手術(硝子体切除手術)を行うこともあります。


田村眼科