こどもの目の心身症

目の心身症

心身症とはストレスが原因でおきてくる病気ですが、特に目に症状があらわれてくるのが目の心身症で、眼心身症とよばれています。
目に転換するタイプには、眼瞼痙攣( がんけんけいれん)、眼精疲労チック心因性夜盲心因性斜視心因性視覚障害などがあります。

心因性視力障害

心因性視力障害は目の心身症なかでも最も多いものです。この場合メガネをかけても、視力がでません。
検査しても眼球自体には悪いところがない、このような視力障害は、小学生や中学生などの子どもに多くみられます。

心因性視力障害はこれらの症状を伴うことがあります

  • 視野の異常
  • 色覚の異常
  • 夜盲
  • 心因性聴覚障害

心因性視力障害は本人も見えていないことに気づかないことが多く、学校の定期健康診断でみつかります。
8歳から12歳の子どもに最も多く見られ、男女差があり、女子は男子の3~4倍多くみられます。
心因性視力障害は眼球自体にはまったく問題はなく、このようなこどもをよく見てみますと、学校や家庭で不安や問題を抱えていることが原因であることがあります。下の子供が産まれて、お母さんの愛情が自分以外の対象に急に傾いてしまうため、心因性視力障害になる場合もあります。このような場合、1日に必ず15分、その子どもをひざの上にのせてあげてスキンシップを取ることをつづけていると、半年で治った場合があります。
またかわった例としては、友達がメガネをかけているのがうらやましくて、自分もメガネをかけたいという心理から心因性視力障害になることもあります。この場合は一時的に度数のないメガネをかけてみることもあります。
いずれの場合も、心因性視力障害は必ず治りますから、親子いっしょに治そうとする姿勢がなによりも大切です。


田村眼科