白内障の治療と検査

白内障の治療

日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬や内服薬により、白内障の進行を遅らせます。これらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。
白内障が進行して、日常生活に不自由を感じるようであれば、手術を行います。白内障以外の病気がある場合は、手術方法を工夫したり、全身状態をみて手術の時期を決めます。

こんな時は手術を考えましょう!

  • 視力が低下して、仕事に支障がある。
  • 外ではまぶしくて、極端に見えづらい。
  • 視力が0.7以下になって、運転免許の更新ができない。

白内障の手術前検査

白内障の手術を受ける前には、手術の問題なく行えるかを調べ、目に合う眼内レンズを選ぶために、さまざまな検査を行います。手術前に自分のライフスタイルに合った度数を選ぶことが大切です。

白内障の手術前検査の種類

  • 視力、眼圧、屈折検査
  • 眼底検査(網膜の状態を調べる)
  • 細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査
    (水晶体の濁りの状態を調べる)
  • 角膜内皮細胞検査
    (角膜の内皮細胞が減っていないかを調べる)
  • 眼軸長検査 (眼内レンズの度数を決める)
  • 問診、血圧検査など

※水晶体の濁りが進行してい場合は、網膜の電気的検査、超音波検査なども行います。


田村眼科