VDT症候群

VDT症候群とは

VDT症候群とは、コンピューター、テレビゲームなどVDTを使った長時間の作業により、目や体や心に影場のでる病気で、別名テクノストレス眼症とも呼ばれています。

VDT症候群における目の症状は?

  1. 目が疲れる
  2. 視力が落ちる
  3. 目がかすむ・ものがぼやけて見える
  4. 目が痛む

目をいたわるオフィス対策

適度な休憩

1時間ごとに10-15分は休憩をとりましょう。
遠くの景色をながめたりして目を休めましょう。

体操

ときどき適度に体を動かして、緊張をほぐしましょう。

メガネ

メガネ、コンタクトレンズは度の合ったものを使いましょう。

ドライアイ

過度なVDT作業で、病気が悪化する危険件がありますので、十分注意しましょう。

早期受診

異常を感じたら、早めに眼科専門の医師に診てもらいましょう。

VDT症候群の治療

目の疲れをやわらげ、目にうるおいを与える点眼薬や、体や目の緊張をほぐす飲み薬による治療があります。ときには適正な視力を得るためにメガネが処方されます。

こどもの目とVDT症候群

学童の約半分が熱中してるといわれるテレビゲーム。ゲーム時間が長くなると、ひどく目が疲れる、肩がこる、頭が痛いなどの症状をおこすことがあります。毎日長い時間テレビゲームで遊んでいると、近視になる可能性が高くなります 。

大切なこどもの目を守るためには?

  1. 長時間は禁物
  2. テレビゲームは30分以内ならば許容範囲ですが、1時間以上は要注意です。テレビゲームの後は、遠方を見るように心がけましょう。

  3. 外で元気に遊びましょう
  4. お子さんを戸外で遊ばせることで、体の緊張をほぐし、目の症状をやわらげることができます。

  5. 食事はかたよらないように
  6. 好き嫌いをなくして、栄養バランスのとれた食事をこころがけることも大切です。


田村眼科