ips細胞について

2014/11/11 田村眼科からのお知らせ by tamuraganka

ips細胞とは、人口多能性幹細胞と呼び、人間の皮膚などの体細胞に
極少数因子を導入し、培養にすることによって
様々な組織や臓器の細胞に分化する能力とほぼ無限に増殖する能力をもつ細胞に変化し、
再生医療を実現するために重要な役割を果たすと期待されています。
現在、加齢黄斑変性の治療に向けた行われています。
この研究が成功し、手術の方法が確立されれば「加齢黄斑変性」の症状を
改善できる可能性もあるといわれています。
臨床応用まではもう少し時間がかかりそうですね。


タグ: 

コメントは受け付けていません。


田村眼科