ひな祭り

2014/03/03 田村眼科からのお知らせ by tamuraganka

3月上旬は、旧暦では桃の花が咲く時期とも重なります。桃の花の可憐な美しさが、女の子のイメージにつながったのではないでしょうか。「ひな祭り」が「桃の節句」と呼ばれる理由はここにあったようです。女の子の健やかな成長を祝うもので、一般的には「ひな人形」を飾って、桃の花や菱餅を供えてお祝いします。また赤ちゃんが初節句を迎える日にあたります。奈良県や兵庫県、鳥取県、岡山県など、いくつかの地域では「ひな人形」を川や海に流す「流し雛」が行われています。ひな祭りのお祝善では、彩り華やかな楽しいちらし寿司とはまぐりのお吸い物があります。はまぐりの貝殻は貝合わせという遊びにもつかわれるように一対になっている相手以外とはピッタリとあいません。こうしたことから、一人の人生涯連れ添うようにという願いがこめらてtります。


タグ: 

コメントは受け付けていません。


田村眼科