調節緊張

2014/01/27 田村眼科からのお知らせ by tamuraganka

調節緊張とは、目の中の毛様体筋の緊張が続いている状態のことです。
目には、近くを見る時に網膜上に正しく焦点を合わせるため、水晶体を厚くし屈折を強くする調節力が備わっています。
子どもの勉強や読書、テレビ、パソコン、テレビゲームなど近い距離に長時間視点を合わせた場合、緊張が続きます。
そのような状態を放置し、悪い生活習慣を続けると症状は悪化し、近視になります。
長時間近くばかり見ないよう、目を休めたり遠くを見たりなど心がけることが大切です。


タグ: 

コメントは受け付けていません。


田村眼科