涙液検査

2013/12/21 田村眼科からのお知らせ by tamuraganka

 涙液から分泌される水成分、その他電解質やビタミンを ”涙液”といいます。涙液は眼表面を潤した後に約90%が涙点へ排出され、残りの10%が眼表面から蒸発するという二つの経路で消失します。涙液は3層構造になっており、その表層には油層、その下には水層、角膜表面にはムチン層があると考えられちます。
  問診の際に 「目が疲れやすい」「何となく目に不快感がある」「目が乾いた感じがする」「涙がたくさん出る」といった  訴えが聞かれる場合が多くあります。この多くがドライアイが 原因と考えられています。ドライアイには涙液量の減少によるものと、涙液の成分バランスが悪いために起こることがあります。
 涙液検査では涙の量を調べます。シルマー試験は涙液の分泌量を測定します。ゾーンクイックは涙液の貯留量を測定するものとして用いられます。
 暖かい部屋で過ごす冬場は肌が乾燥すると同様に眼も乾き、涙も少なくなります。眼の表面に傷ができてしまうこともありますので気をつけましょう。
 

  
 暖かい部屋で過ごす冬場は肌が乾燥すると 同様に眼も乾き、涙も少なくなります。眼の表面に傷ができてしまうこともありますので気をつけましょう。


タグ: 

コメントは受け付けていません。


田村眼科