睫毛乱生(逆まつげ)

2013/10/21 田村眼科からのお知らせ by tamuraganka

通常は外方に向かって生えるまつげが、内方(眼球側)に向かって生える状態です。
ほとんどは生まれつきで、乳児では数割がこの状態だと言われています。
またまつげの一部が角膜(黒目)に触って刺激し、涙が出たりゴロゴロした症状が出ます。
症状が強くなると、黒目が濁ったりして視力が低下することもあります。
症状がなければそのまま様子みてもよいですが、症状がある場合は原因となっているまつげを抜去します。
しかし、抜去後も1.2週間~数ヶ月で再度まつげは生えてくるため症状を繰り返します。
そういった症状がみられましたら一度受診してみて下さい。


タグ: 

コメントは受け付けていません。


田村眼科